保育理念

─ めざす子ども像・やさしさがいっぱい・まなびがいっぱい・げんきがいっぱい ─

子どもたちへの願い

子どもは、家族そして社会にとってかけがえのない存在です。その子どもたちが生き生きと笑顔で日々を過ごせるように、自然との触れ合いや遊びの中で一人ひとりを大切に育てる保育を心掛けています。また、子どもたちは個性を認められることにより自信をもち、集団生活において自分らしさを発揮できるようになります。

幼児期は就学前教育としての大切な時期です。子どもは五感をはたらかせながら、物事に対する興味関心を抱くようになります。感じることは「知る」ためのセンサーとして大事なことです。鹿島泉会では、興味をもったものを探究する力を育んでいきます。さらに、心と身体を充分に使って屋内外で遊ぶことで、健康的な身体を育みます。

近年の社会が大きく変化する中においても、自らの課題を見つけ主体的に探究し、判断できる人を育てていきます。子どもの個性を尊重するとともに自主性を重んじる。それが鹿島泉会の使命だと考えています。鹿島泉会の教職員は、子どもたち一人ひとりに寄り添い、健やかな成長を願っています。

保護者への思い

子どもたちの幸せのためには、人間関係の温かさと笑顔が必要です。鹿島泉会では、子どもたちが毎日楽しく登園し、納得いただける教育と保育とによって、保護者の方の笑顔をつくりだしたいと願っています。保護者の方のご都合やお仕事の時間に、可能な限りあわせた、登退園の時間を設定し保護者のご負担を減らしたいと思っています。また、教育委員会等の行政、鹿島泉会そして保護者との密なコミュニケーションを大切にしています。

保護者への思い
特別保育事業の実施

鹿島泉会では、「病児病後児保育事業」「一時預かり保育事業」「延長保育事業」を実施し、保護者のご都合やお仕事の時間に対応しています。 詳細については「特別保育事業」をごらんください。

特別保育事業

鹿島泉会の教育・保育

教育・保育目標

鹿島泉会では、子どもたちそれぞれの個性や多様性を認め、自主性、創造性を育むことを目標としています。そのために保育者は子ども一人ひとりの個性を尊重し、個性を受け止める保育を行っています。また自然の中で身体を使って充分に遊ぶことで、健康的な身体の育成と身体能力の向上を図る教育・保育を実施しています。集団生活の中では楽しいことを共有することはもちろん、他児とのいさかい等も経験しながら、社会的なルールを身につけていきます。

人として明るく、他者に思いやりの気持ちをもち、楽しく集団生活を過ごすことを前提としたうえで、好奇心や知的能力の向上に力を注ぎ、社会のどのような変化に対しても応じることができる力を育てます。

教育・保育の特色

【0歳児】乳児個人の家庭生活サイクルを重要視し、スキンシップを多く保つ為にマンツーマン保育をめざします。

【1~3歳未満児】基本的生活習慣の確立と団体生活における基本的ルールを身につけるとともに、何事にもチャレンジしながら知的理解を促します。

【3歳児~5歳児】個性豊かな人間を形成するために、楽しい遊びを通して感じ、考え、発見し、工夫するという知的能力と身体能力の向上を図ります。言葉をつかってコミュニケーションをとる力、ルールを守って友だちと仲良くすごせるカ、好奇心をもってチャレンジする力を育てることで、小学校へのスムーズな接続を図ります。

その他

地域に開かれた子育て支援活動として、未就園の子どもたちを対象とした活動もおこなっています。